外資系の企業への転職を目指す人必見!お役立ち情報

ビジネス英語のスキルが求められる

外資系企業と言うと、20年ほど昔はほぼ欧米系企業が占める割合が大きかったですが、20世紀になってからはアジアの企業が占める割合が高くなっています。外交官の世界では今も英語圏の国を担当する者がエリート扱いされているように、外資系企業に転職する方にとっても英語圏の企業は人気があります。
植民地支配によりアジア圏では様々な言語が話され、英語が共通語になっています。そのため、外資系企業に就職や転職する際には、求人欄は英語表記、採用試験での面接も英語になります。単一民族の日本国内では英語を話せることがスキルとして認められていますが、外資系企業での英語は話せて当然になっているため、ビジネス英語のスキルが求められます。

シャイな性格は通用しない

英語が話せて当然の外資系企業では、採用面接時には雇用(採用)で企業に何のメリットを生じさせることが出来るのかを明確に答えなくてはなりません。
日本企業の面接では入社後に輪を乱さないためにもアニュアル通りの答弁が出来る者が好まれる傾向がありますが、外資系企業の面接では他者と比べて違う部分をアピールできる者でないと採用は難しくなります。日本人はシャイな性格なため相手の目を見て話すのが苦手、また日本人は試験や受験の為の英語を長年勉強してきたため筆記力があってもジェスチャーを交えながら話すことが苦手です。しかし、このことは外国人には理解されないため、オーバーなくらい手振り身振りをしながら話すことが日本人には必要です。