外資系企業に転職するなら、このポイントに着目!

やりたいことを明確に!

まず、一番のポイントは外資系に限らず、転職には「やりたい仕事」は何なのか、自分の中ではっきりさせておきたいところです。どんな会社に入って、どんなことをしたいのかというビジョンを明確にすることは、一番大切です。
実は、どんな仕事でも構わないから、とにかくこの会社に入りたい!という動機は、外資系企業が嫌う傾向にあります。まずは、どんな仕事をしたいのかをハッキリとさせておきましょう。
外資系企業では、どのような会社で、どのような経験をしてきたかを重視する傾向があります。もし、未経験、もしくは経験不足の場合、まずは経験を積むことから始めましょう。
やりたい仕事を目標に、入社出来る企業で実績を積むことも大切ですよ。

経験不足も外資系企業で働こう!

経験不足の場合、実際に外資系企業を探す際のポイントとして、グローバル企業でありながら小規模の企業をお勧めします。例えば、日本の市場で苦戦を強いられている企業は、オペレーションを学ぶことが出来ます。また、求人があった場合、競争率もそう高くはないでしょう。そして、グローバル企業での経験は、次の転職にとても有利であることも理由の一つです。
企業選びのチェックポイントとしては、利益をしっかり出している企業を選ぶことです。外資系企業は撤退してしまう可能性があります。せっかく転職に成功して、やりたい仕事が出来たとしても、会社がなくなってしまったら元も子もなくなってしまいます。現在の利益率はしっかりチェックしておきましょう。

英語で面接を行う検定試験や採用試験は多くあります。英語の流暢さや発音の正確さだけではなく、話している内容や態度も評価されます。